基本のおせち料理について

おせち料理とは、お正月に食べるごちそう料理のことです。

ここでは、地方のめずらしいおせち料理を紹介したいと思いますが、その前に基本を押さえておきましょう。

まずおせちに欠かせないのが、祝い肴三種です。

別名、口取りとも呼ばれていますが、関東では、黒豆と数の子と田作りの3種類の料理を指します。

しかし関西になると若干違いがあり、黒豆と数の子は同じですが、たたきごぼうが3つ目の料理として加えられています。

祝い肴三種の他に、紅白かまぼこ、伊達巻、栗きんとん、お多福豆を入れたりします。

それぞれの料理には由緒があり、黒豆は長寿と健康を願い作られ、また数の子は五穀豊穣と子孫繁栄を願って作られます。

田作りは、五穀豊穣を願ったもので、たたきごぼうは、豊作と息災を願ったものになります。

これらの物の他に、おせち料理には焼き物も作られます。

例えば、鰤、鯛、エビ、鰻などを使い焼きます。

鰤(ぶり)は出世魚なので、出世を願って作られますし、鯛(たい)は「めでたい」の語呂合わせとして料理されます。

エビは、ひげが長くそして腰も曲がっているので、年配者を表し、そうなるまで元気に長生きに、という願いを込めて作られます。

またエビは脱皮をするので、脱皮=出世という意味をこめられているようです。

また酢の物としては、紅白なます、ちょろぎ、酢蓮が作られます。

最後に煮物がありますが、煮物の材料には、昆布巻、シイタケ、くわい、レンコン、さといも、人参などが使われます。